免疫力を高める日常生活の体験談サイトトップ >免疫力を高める方法  >> HSP入浴法で内臓機能や免疫力を高める
熱海の温泉温泉で有名な熱海市清水町で、「温泉・お風呂で免疫力を高める~ヒートショックプロテイン(HSP)入浴法」と題した講演会が開かれました。

熱海市のNPO法人エイミックと市医師会は2013年03月26日夜、HSP研究の第一人者で修文大教授の伊藤要子さんによる講演の内容を抜粋してお伝えします。


HSPは、内臓機能や免疫力を高めると言われるタンパク質で、健康に良いといわれ、熱刺激などで増えるとされています。

伊藤要子さんはHSPについて、ストレスを防御するタンパクで、病気や傷害を治し、細胞を元気にすると言われます。

HSPは誰でも持っていて、魅力的なのは自分で増やすことができるとし、その生理作用についても解説されていました。

中でも熱ストレスが一番効果的にHSPを増やすことが分かり、安全で誰でもでき、簡単で家庭でできるマイルド加温療法として、ヒートショックプロテイン入浴法を紹介されました。

タモリ式入浴法では、具体的にどうやってHSPを産生していくのかというと、単純に「身体を温める」のです。

身体を温めるのに、お風呂が一番手っ取り早い方法です。

お湯が40℃の場合は20分、42℃の熱めのお湯なら10分間の入浴法でHSP量が増えるとされています。


風呂から出たらジャケットを着るなどして体温をすぐに下げないように10分~15分保温します。
そして、必ず水分を補給しましょう。

高齢者や体力に自信がない人は半身浴で始めることがHSP入浴法の注意点です。
最近、低体温がいろいろな病気の原因になるということが言われています。
体温を上げるため、しっかり入浴をしましょう。

▼入浴法に関連する記事でこんな情報もあります▼

(公式サイト)
いまインターネット上で『タモリ式入浴法』が話題になっています。
これはタレントのタモリさんがいつもやっている入浴法で、特別な事をしなくても肌がツヤツヤになるというのです。
この『タモリ式入浴法』は人気テレビ番組『笑っていいとも増刊号』でタモリさんが話していたもの。
女性が羨ましがるほどタモリさんの肌はツヤツヤらしく、65歳とは思えないほどお肌がぴちぴち。
 
スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔