免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める食材  >> 免疫力アップを促すファイトケミカル食材
季節の変わり目などで体調を崩しやすい人は、免疫力が低下しているかもしれません。
免疫力を高めるための食材はいろいろとあります。

最近、免疫力アップを促す『ファイトケミカル』という成分が話題になっています。

ファイトケミカル(フィトケミカル)は、植物が紫外線や虫などの害から自分を守るため作り出した物質です。
主に果物や野菜、海藻のような植物性食品に含まれる栄養素以外の成分(機能性成分) で、栄養学の世界では、第7の栄養素として脚光を浴びています。


栄養素について
 
・ 3大栄養素 ⇒ビタミン・ミネラル・脂質
・ 5大栄養素 ⇒ビタミン・ミネラル・脂質・糖質・たんぱく質
・ 第6の栄養素⇒食物繊維(機能性成分)
・ 第7の栄養素⇒ファイトケミカル(機能性成分)

ファイトケミカルには、有害な活性酸素を抑制する作用があり、がん予防や老化防止、生活習慣病予防などの効果があるとされます。

野菜の食物繊維免疫力アップを促すファイトケミカルには緑黄色野菜や淡色野菜がとても優れています。
淡色野菜は大根や白菜、レタス、カリフラワーなど抗酸化作用にも注目されているようです。

緑茶緑茶にもファイトケミカルが含まれているので免疫力アップに期待できそうです。
また、緑茶には良く知られているカテキンが含まれ強い抗酸化作用や殺菌効果などがあります。

こうしたファイトケミカルが、生活習慣病予防に役立つということで、野菜や果物を積極的に食べようと意識するのは良いことだと思います。

しかし、慢性的な病気で薬を常用している人は注意が必要です。
野菜や果物に含まれているビタミンやミネラルが薬に反応をしたり、吸収を妨げたり、過剰反応になることもあります。


ファイトケミカルをたくさん摂っても、活性酸素にさらされる生活が続いていては、ファイトケミカルの効果もなかなか発揮できません。
喫煙や睡眠不足などの生活習慣を改めたり、毎日の食事を見直すことも大切です。

いつも健康的に過ごすためには「免疫力アップ食材」を積極的に摂っていきたいものです。

 
スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔