免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める食べ物  >> 緑茶を飲む習慣が生活習慣病を予防する
緑茶は日本人の多くの人に親しまれているお茶で、豊潤な香りと旨みを持ち古来より多くの人々に愛されています。

日本人にとってお茶を飲む習慣は欠かせないものになっています。

緑茶普段何気なく飲んでいる緑茶には実にさまざまな栄養が含まれています。

緑茶にはポリフェノールの一種であるカテキンが豊富です。

カテキンは一般的にはタンニンとも総称され、緑茶の渋み成分で、強力な抗酸化作用があり、免疫力を高める働きを持っています。

また、カテキンは抗アレルギー、コレステロール低下、活性酸素から体を守る働きがあるため、生活習慣病や老化の予防に効果があると言われています。




人間の体は70%が水分です。
健康のために水分摂取の大切さが言われていますが、緑茶で水分補給を心がけることが健康目的でも優れた飲み物です。

緑茶「朝茶は七里帰っても飲め」ということわざがあります。

朝茶を飲むのを忘れて旅に出たら、たとえ七里の道を帰ってでも飲むべきだという意味です。
朝茶はその日の災難を除いてくれるから、「飲まないで旅に出るな」という戒めということらしいです。

 
スポンサード リンク

緑茶

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔