免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める方法  >> 水を飲むだけで風邪をひきにくい体に変身
風邪のシーズン真っ只中ですが、風邪予防に非常に簡単な方法がテレビで紹介されていました。

NHKためしてガッテン(2014年01月08日放映)新年、最初のテーマは「病気にならない体を作る」でした。
インフルエンザ風邪予防には「手洗い」、「うがい」や「マスク」などがよく知られています。
 
それだけでは十分ではないことが判明しました。

■風邪をひきにくい体に変身できる方法

ためしてガッテンでは“水を飲む!”それだけで風邪をひきにくい体に変身できることです。
私たちの体の中にウイルスや細菌が侵入したときに、防いでくれる大切な防御システムが線毛細胞です。

線毛細胞が元気なときは、体内に侵入したウイルスを体外へ出したり、胃の中へ運んで胃液で殺したりすることで、体をウイルスから守ってくれます。

ところが、線毛細胞の動きが悪くなると、体内に侵入したウイルスが細胞内まで侵入し、一気に増殖してしまいます。
線毛細胞は乾燥すると元気よく動くのに必要な粘液がの量が少なくなるため、十分に機能しなくなってしまいます。

■線毛細胞を活発に動けるようにする方法

体内に水分が取り込まれると、線毛細胞の下から水分が粘液として出てくるので、再び活発に動けるようになるのです。

肺や鼻の奥など、体全体の線毛細胞を潤滑にできるのは、じつは口から水を飲んだときだけです。
冬は喉の渇きを感じにくくなるため、水分を摂取しなくなりがちですね。

そのためにも積極的に水分補給する必要があります。
ただし、心臓や腎臓などの病気で、水分量を制限されている方は医師の指示に従ってくださいね。


▼風邪予防に関連する記事です▼
 
寒さにさらされたり、感染力のあるウイルスを持っている人に接触したりしても、免疫力が高い人は風邪を撃退するパワーがあります。
体の中で免疫システムが働くことで、常に病原体などの外敵から体を守ってくれているのです。

 
スポンサード リンク

風邪

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔