免疫力を高める生活習慣サイトトップ >免疫力を高める生活  >> 隠れ難聴は早期発見がカギになります
難聴最近なんとなく会議中の話が聞き取りにくい、なんて経験はないでしょうか。

難聴は高齢者だけと思われがちですが、最新の調査から、加齢よりもはるかに大きな原因があることが明らかになりました。

それは、生活習慣病と関連しているようで、高脂血症、糖尿病、腎臓病等に起因する動脈硬化による難聴だそうです


耳が遠くなっているのに気付かない「隠れ難聴」の方がいることもわかりました。

聴力は30代からでも少しずつ低下するといわれています。

会議などの会話が聞き取りにくくなる「隠れ難聴」に陥るケースもあるようです。

スポンサーリンク



難聴のうち治療が難しいといわれるのが「感音難聴」だそうです。

突発性難聴やメニエール病をきっかけにおこることもありますが、6割は原因不明だそうです。

感音難聴は若い世代から徐々に悪くなるので非常に気づきにくいのです。

周囲が騒がしいと会話を聞き取る力、聞き分ける力が極端に落ちるようなら要注意だそうです。


耳鳴りまた、難聴を引き起こす一因として「免疫力の低下」も考えられています。
免疫力の低下は、赤血球を破壊しやすくなります。
赤血球は、酸素と栄養を内耳に運ぶ役割がありますが、食生活が乱れてくると健康を維持できなくなります。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
関連する内容が、NHK「ためしてガッテン」で放映されるようです。

「子供だけじゃない!難聴まねく“大人の中耳炎”(仮)」番組内容の抜粋です。

なんか耳が遠い、聞こえが悪い。
そう思ったら、注意!
実はそれ、病気かも。
しかも、早く治療すればスッキリと聴力が回復!
治療法と見分け方。放置すると危険な難聴まで紹介!

ゲスト 麻木久仁子、笑福亭笑瓶、山瀬まみ
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

▼関連する記事こんな情報もあります▼



スポンサー リンク


難聴

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔