免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める食材  >> 知られざる脂肪肝に要注意!いま急増中
脂肪肝肝臓は沈黙の臓器と言われるくらい、悪化しても症状が表に出にくいようです。

怖いのは気づいた時には手遅れになっていることもあるようです。

30代以降で増える肝臓病ですが、原因のひとつが肝臓に脂肪が溜まり過ぎる「脂肪肝」なのです。

脂肪肝は推定で2000万人いるとも言われています。

正常→ 脂肪肝→肝炎→肝硬変→肝臓がんになっていく人が近年増えています。

◆◆◆肝臓のはたらき

肝臓は免疫力を司る大切な臓器です。
それは体の不調を見つけると治す指示を送るのです。

私達の体の中のすべての血液は、必ず肝臓を通るようにできています。
肝臓の重要な働きの一つに、糖質、脂質、タンパク質などの栄養素の代謝があります。

脂肪肝とは肝細胞中に脂肪が過剰に蓄えられた状態です。


◆◆◆脂肪肝の原因

アルコールの飲み過ぎや、脂ものを過剰にとるなど食生活の偏りで起こるとされています。

しかし、「お酒を飲まないから平気」「暴飲暴食しないから大丈夫」と言う人も実は要注意なのです。

脂肪肝はストレスから身を守る反応といわれています。

ストレスが長期化すれば、皮下の脂肪はどんどん血液中に溶かされるので、肝臓に脂肪が溜まり続けて脂肪肝になるというわけです。

脂肪肝を発症させるストレスには、行き過ぎたダイエット、長時間労働などが考えられます。


◆◆◆脂肪肝の改善方法

カキ食事療法と運動療法が中心で、効果がないときは補助的に薬物療法も併用。

脂肪肝に良い食品は、「タウリン」を含む食品です。

タウリンは、いか、たこ、貝類(カキなど)などに多く含まれる成分です。

肝臓が疲れていたり、身体がむくむ、息切れするといった健康上の不安を抱えている方にもオススメです。

スポンサーリンク



▼関連する記事のページへこんな情報もあります▼

チョイス@病気になったとき「知られざる脂肪肝に要注意!
2014年7月19日(土)番組内容(eテレ)
30代以降で増える肝臓病。
原因のひとつが、肝臓に脂肪が溜まり過ぎる「脂肪肝」だ。
推定で2000万人いるとも言われる。
脂肪肝は気付かず進行して、肝機能が低下、肝炎を発症して肝硬変や肝臓がんになる危険がある。
「お酒を飲まないから平気」「暴飲暴食しないから大丈夫」と言う人も実は要注意。
どうやって気付き、どう対処すれば良いのか?知られざる脂肪肝とそのチョイスに迫る。

広島県産の牡蠣エキスサプリメント【海乳EX】 




スポンサーリンク

脂肪肝 


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 脂肪肝 原因   2017年03月24日 20:22
2 脂肪肝で苦しんでいて克服したいなら原因を知りましょう。内蔵脂肪を改善するには食事を正しくしましょう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔