免疫力を高める生活習慣サイトトップ >免疫力を高める食べ物  >> 免疫ブームでココナッツオイルが話題
リンパ球テレビにも ”免疫力アップ” をキーワードとした番組は増加傾向にあります。
検索サイトでも、免疫に関連するワードの検索が増えているそうです。

免疫力アップのカギを握るのは、自律神経と言われる交感神経と副交感神経なのです。

副交感神経が優位になると体はリラックスしてリンパ球を増やします。
 
すると、血流が良くなり、免疫力が高まります。

つまり副交感神経を高めることが、免疫力アップにつながると言えます。

生活習慣病や近年の病気の原因は、現代人の免疫力の低下と言われています。

それは生活習慣の変化や 食生活の多様化など多くの理由があげられます。


■免疫力を高める食べ物はいろいろありますが、今回は「ココナッツオイル」をご紹介します。
 
ココナッツココナッツオイルには「ラウリン酸」が多く含まれています。
産まれてくる赤ちゃんには病原菌に対する免疫力がほとんどありません。
その体を守ってくれているのは、実はお母さんの母乳なのです。
母乳にはラウリン酸という成分が含まれています。
ラウリン酸は細菌の働きを抑えたり、免疫力を高めるという特別な働きがあることが判明しています。



▼関連する記事のページへこんな情報もあります▼
 
免疫力を高める食べ物
免疫力を高める食べ物を選ぶことが大切で、バランスの良い食事を楽しく食べることです。
ストレスを感じずに楽しく食べることで、免疫細胞を活性化し胃腸の働きも活発になり免疫力アップします。
少しでも病原菌に対する免疫力を高めておけば、ちょっとしたことでは病気に負けることがありません。

 
スポンサーリンク
免疫力

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔