免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める食材  >> 健康寿命を延ばす日本古来の海藻「アカモク」
いくつになっても自分の足で歩き、介護を必要としない健康な状態で長生きしたいもの。
海藻昆布日本人の「平均寿命」は、男性80.21歳、女性86.61歳と発表されています。

平均寿命は世界の中でもトップですが、最近では「健康寿命」が大切といわれています。

健康寿命とは、文字通り「健康でいられる期間」、健康上の問題がなく日常生活を普通に送れる状態を指します。
健康に生活を送れる健康寿命は、男性70歳・女性73歳と言われています。

平均寿命から健康寿命を引くと、男性は約10年、女性は約13年間は、何らかの介護が必要になるのです。
この差を、いかに近づけられるかが健康長寿のカギとなるのです。

健康寿命は、普段の食べ物によって、大きく変わってくると言われます。
 

水溶性食物繊維の効果


「主治医が見つかる診療所」(TV東京)では、“健康寿命を延ばす日本古来の食材”が特集されていました。
健康寿命を伸ばすためには、免疫力を高めることが大切です。

そして、免疫力を高めるカギが腸内環境(腸内フローラ)を良くすることなのです。
免疫力を高めるスーパー海藻「アカモク」が紹介されていました。

アカモクとは、褐藻類(かっそうるい)と呼ばれるワカメや昆布の仲間です。
生命力が非常に強く、1年間で7メートル近くに育つ事もあるのです。

アカモクに含まれているネバネバ成分の「フコイダン」は、水溶性食物繊維の1つです。
水溶性食物繊維は、腸で善玉菌のエサとなり、腸内環境を整える事で、免疫力を高める効果があります。
アカモクのフコイダンは、モズクやメカブの3倍~5倍、含まれています。
ぎばさ、ナガモにも水溶性食物繊維を多く食品として知られています。

【関連記事】
 

「健康寿命を延ばす3時間SP」2015.1.5 放送予定
今、日本各地の町や村で、健康寿命を延ばすプロジェクトが進行中。
北海道では幻の健康食材を発見!
また、腸内細菌の世界的権威が寝たきりにならない島で、健康長寿を支える郷土料理を徹底取材!
そして青森県では「日本一の短命県」返上プロジェクトが始動!
寝たきりにならずに元気で長生きする為の、情報満載の3時間スペシャルです!


スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔