免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める生活  >> 腹の底から笑うことで免疫力アップ
腹の底から笑うと、心も体も元気になった気がしませんか?
笑うテレビ番組欄の中に「笑」という文字が多いことに気づくと思います。

笑うことで内臓が活性化し、免疫力を高めるなど医学的に実証され広く認められています。
最近では病気の予防や治療においても注目を浴びています。


「笑い」というものがなぜ健康維持に良いのでしょうか?

笑っているとき私たちの体の中では、α波という脳波が分泌されます。
自律神経やホルモン分泌にとって、α波が出ることはとても良く、免疫力アップにつながります。

笑いがNK細胞を活性化して体の免疫力を高める。

毎日の疲れやストレスなどがたまってしまうと、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)の働きが鈍くなります。
このNK細胞は、毎日体内で発生する「がん細胞」と戦ってがん発症を防ぐ役割があります。

若くて健康な人の体にも1日3000~5000個ものがん細胞が発生しています。
がん細胞ができたからといって、すぐにがんの病気にかかることはありません。

体に悪影響を及ぼす物質を退治しているのが、リンパ球の一種であるNK細胞です。
人間の体内にはNK細胞が50億個もあり、その働きが活発だと、がんや感染症にかかりにくくなると言われています。

【関連記事】

TBS系で「今知っておきたい免疫力の新常識」が放送予定。
インフルエンザにかかる、かからないというのも免疫力が大きく関係している。
簡単に出来る「免疫力チェック」で免疫力の低下をチェック!!
ラフターヨガ(笑いヨガ)は笑いとヨガの呼吸法を組み合わせたエクササイズです。

ガンは、多くのきっかけや遺伝子の異常が積み重なった時に発症します。
ガン細胞が腫瘍にまで増殖するのは、様々な要因、中でもストレスが私たちの体に変調を来たし、免疫力低下という免疫異常によって引き起こされます。

 
スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔