免疫力を高める生活習慣サイトトップ >免疫力を高める方法  >> 末端冷え性も「腹巻き」を巻いて改善
体温が低いほど、免疫力低下によって病気にかかりやすくなります。
冷え性
昔のことわざで「冷えは万病のもと」というのは本当なのです。

多くの女性を悩ませているのが、手足や体が冷えて困る「冷え性」ですね。
 
冷え症の改善効果が期待できる「腹巻き」が今注目されています。

お腹を温めるということは腸を温めることで、腸に流れている「リンパ球」を活性化させることのなります。
リンパ球はウイルスなどを攻撃したり、免疫記憶を司るなどといった重要な機能を担っています。

この様な性質をもつリンパ球の実に6割が腸内に集中しているのです。
 
花粉症平均体温が1度下がると、免疫力が30%も落ちるとされています。

免疫力を高めることで風邪やインフルエンザなど、病気に対する抵抗力が違ってきます。




【関連する情報】

<番組内容抜粋>
悪化させる温め方が判明!
名医が教える冷え症徹底改善法SP
間違った対処法で身体を温めていると、かえって冷え症が悪化!
まもなく日本列島が一番冷え込む2月。
この時期、多くの女性を悩ませているのが、手足や身体が冷えて辛い「冷え症」。
お風呂に長く浸かる、生姜の料理を食べるようにする…など、皆さん涙ぐましい努力をしているが、そんな冷え症対策の中に、冷えを悪化させる落とし穴が潜んでいるという。
間違った対処法で身体を温めていると、かえって冷え症が悪化することがあるというのだ。

ふくらはぎを温めて冷え性改善!「専用ウォーマー」
★このような人にオススメです★
  ・長年、寒くなると足先が冷えてつらい、さまざまな温めグッズを試したけがダメだった方。
  ・病院へ行ってもこれといった結果が出ない方。
  ・布団の中で、足先が冷えて寝付けない。
  ・冬はいつも疲れた感じがとれない
  ・お風呂に入っても、すぐ冷えてしまう。

 
スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔