免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める生活  >> 人食いバクテリアの症状がすごく怖い
聞きなれない 「人食いバクテリア」 の患者が日本で今急増しています。
咽頭炎手足が急速に壊死していく恐怖から、人食いバクテリアと呼ばれています。

最近、世間を騒がせているのが「人食いバクテリア(人喰いバクテリア)」。
これは俗称で、正式名称は「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」といいます。 

人食いバクテリア・原因
とびひを起こすA群溶連菌や子どもの咽頭炎などが原因で、喉などの粘膜や皮膚の傷口から感染するとされています。
炎症をおこして悪化するわけですが、どういう条件で進行が急激になるかなど詳しいことはわかっていないそうです。
通常なら発症しても軽症で済む細菌が、糖尿病や肝疾患、免疫力が低下している人を中心に劇症化することがあります。


人食いバクテリア・初期症状
筋肉痛、傷口の痛みや腫れ、38度を超す発熱、おう吐などが主な症状です。
これらは風邪やインフルエンザによく似た症状です。
早期の診断であれば、抗菌薬がよく効くそうです。


人食いバクテリア・予防法
免疫力が低下しているときには気をつけたいと言われています。
寒い時期、冷えは免疫力低下させてしまうんですね。
お風呂は湯船につかることで体温が上がり免疫力が高まるのです。
お風呂でのリラックス効果も免疫力アップにつながります。


【関連する情報】
 
今回のテーマは「謎の痛み徹底解明スペシャル!」
「人食いバクテリア」や「微少血管狭心症」など聞きなれない病気も一挙紹介!
今まで謎だった痛みや不調が解明される2時間!!

免疫力を高めてくれるブロリコ
東京大学と5年間の共同研究によりブロッコリーから世界で初めて発見された成分。
臨床試験を実施し「自然免疫」を高めることが証明された。


スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔