免疫力を高める生活習慣サイトトップ >免疫力を高める食べ物  >> ピーナッツの皮には驚きの健康効果
ピーナッツは漢方では長寿果(長生きの実)と呼ばれ、滋養強壮の効果が確かめられています。
ピーナッツの薄皮
ピーナッツ(落花生)には脂肪、タンパク質、糖質、食物繊維などが含まれています。

この脂肪は、オリーブ油にも含まれているオレイン酸で、悪玉コレステロール
(LDL)を低下させる働きがあります。


最近の研究では、ピーナッツの薄皮にはポリフェノールの「レスベラトロール」が含まれています。


レスベラトロールは強い抗酸化力があり、生活習慣病の予防、アンチエイジングで注目されている栄養素。

さらに悪玉コレステロールを攻撃し、癌(がん)や生活習慣病の予防に効果を発揮すると言われています。

また、ピーナッツの薄皮には、皮膚に斑状の出血がおこる「紫斑病(しはんびょう)」の改善効果があります。
 
ピーナッツの薄皮(落花生の皮)は少し苦みがありますが、慣れれば香ばしくておいしく免疫力を高める健康食品なのです。

▼レスベラトロール効果の詳細について▼

血液中の活性酸素はDNAや欠陥の壁を傷つけガンの原因となります。
レスベラトロールは活性酸素に効果があり、落花生の薄皮は他の食品と比べても高い数値を示しています。



スポンサーリンク



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔