免疫力を高める生活習慣サイトトップ >免疫力を高める方法  >> 新アレルギー治療の鍵を握るTレグ細胞
今日、NHKスペシャルは「新アレルギー治療~鍵を握る免疫細胞~」と題して放送されます。
Tレグこの時期、国民病とも言われる花粉症で苦しんでいる人も多いと思います。

また、アトピー性皮膚炎や喘息(ぜんそく)、動物アレルギー、食物アレルギーなど、
日本では実に3人に1人が、何らかのアレルギーに苦しんでいるとも言われています。

アレルギーは、予防も根本的な治療も、これまで不可能だと言われてきました。

ところが、大阪大学の坂口志文さんが発見した「Tレグ」と呼ばれる免疫細胞が、
アレルギーを根本的に治す治療の鍵 として注目を集めています。

Tレグ(=制御性T細胞)は免疫の過剰な攻撃を押さえ込む役割を持っています。

アーミッシュ民族はアレルギー症状の人が少ないことが判明しました。
調べていくと、アーミッシュ民族はTレグが多いことが理由のようです。

詳しいことは、2015年4月5日(日)21:00~NHKスペシャルに注目したいと思います。
また、たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学では、「アレルギー最新治療Tレグ」の内容が放送されます。 


【アレルギー関連情報】

毎年、スギ花粉症に悩んでいる方が全国で3000万人近くもいるとされています。
花粉症そんな方たちに朗報が! 
今年、スギ花粉症を完璧に治すことができる『舌下免疫療法』が、遂に保険適用されることになったのです。(2014年10月から)


埼玉医科大学の和合治久教授は、5年以上の研究開発の末、レンコンに含まれる成分がアレルギー症状を抑え、免疫機能を活性化する効果があることを発見したのだそうです。

NHKスペシャル
2015年4月5日(日)「新アレルギー治療~鍵を握る免疫細胞~」と題して放送されます。
“Tレグ”は免疫の過剰な攻撃を押さえ込む役割を持っています。
最先端の研究現場では“Tレグ”のコントロールによってアレルギーが完治するケースが出始めています。
番組では、“Tレグ”とアレルギーの関係性について詳しくご紹介し、今研究が進められている新たな治療の、具体的な可能性についてお伝えします。

 
スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔