40歳から病気にならない免疫力を高める方法サイトトップ >免疫力を高める生活  >> ハグは驚きの健康効果が数多い
ハグ大好きな恋人や友達とハグをすると温かくて気持ちいいですよね。

最近、米カーネギーメロン大学の研究チームが、ハグをすることで免疫システムが高まることを発見しました。

免疫力を高めることができれば、病気になりにくい体を作ることができるため、今話題を呼んでいます。

400人の成人男女に対し、ハグを2週間行った実験の結果あきらかになったものです。
ハグ(抱擁)を頻繁にしている人は、風邪のかかりやすさを3分の1に抑制されます。

スポンサーリンク



ハグで抱き合うことで副交感神経が刺激され、「ドーパミン」や「セロトニン」が増えます。
また、愛情や信頼のホルモンと呼ばれる「オキシトシン」の分泌が促されます。
オキシトシンには、不安、ストレスを軽減する作用があることも分かっています。

これら脳内の神経伝達物質には免疫力を高める効果が知られています。
今後、ハグによって免疫力を高める効果を、病気の治療や予防につなげる可能性があります。

 
スポンサーリンク


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔