免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める運動  >> 筋肉を強くしよう!きょうの健康
NHK,きょうの健康では、筋肉を強くしよう「筋肉って何?」と題して放送されます。筋トレ
筋肉は一般的に20歳頃をピークに、その後、加齢とともに減少します。
加齢だけでなく食事や運動などの影響でも筋肉量は変化します。

筋肉量は絶えず分解と合成を繰り返し、その量は変化します。
分解が多くなると筋肉量は減少し、その要因は栄養不足、運動不足、肥満・メタボなどです。

筋肉量を増やすには合成を高めるのが大切です。
そのためには適切な食事や運動と男性ホルモンも影響しているようです。
 

筋肉減少のリスク

  1. 免疫が弱くなり肺炎などの病気にかかりやすくなります
  2. 筋肉量が寿命に関係する事も最近の研究でわかってきました
  3. 血糖値が上昇し糖尿病になりやすくなります


サルコペニア


サルコペニアは加齢や生活習慣などの影響で筋肉が急激に減ってしまう症状です。
高齢者だけで無く、若い人にも予備群が増えているようです。
サルコペニアになると転倒、骨折などさまざまなリスクが増えます。
番組ではサルコペニアに注意が必要なタイプや、自己チェック方法なども詳しく紹介されます。
 

筋肉の栄養


筋肉を効率よく増やしたり、筋肉を維持すためには栄養が重要なのです。
特に筋肉の元になる「たんぱく質」と、その合成を促進する「ビタミンD」が欠かせません。
番組では筋肉を増やすためにお勧めのタンパク質、1日の摂取目安量なども紹介されます。
 

筋肉の運動


要介護高齢者を対象とした調査では、週に3回1時間の運動を行いました。
その結果、1年間で筋肉が5.5%増加したことが確認されました。
筋肉量を維持するためにはウォーキングだけでもよいとされています。
しかし、サルコペニアの人や筋肉を増やしたい人の場合は筋トレが必要になります。
番組では効率的な筋力アップを目指し、下半身の大きな筋肉を使う筋トレが紹介されます。
 
スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔