免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める食べ物  >> 青魚のEPAやDHAで免疫力向上
免疫力を高めるためには“タンパク質”を摂ることがとても大切なのです。青魚
身近な食品で良質なタンパク質が多く含まれた“青魚”を積極的に食べましょう。

青魚というとサバやイワシ、さんま、アジなど庶民的な食べ物がありますよね。
NHK,ためしてガッテン「秋だ!サンマが激うま 本当の食べ方発見SP」が放送。
また、NHK,きょうの健康でも「食で健康 青魚をおいしく」と題した番組があります。
 

免疫力アップさせる青魚


人体は細胞から作られていて、その細胞は「タンパク質」と「アミノ酸」から作られています。
免疫細胞も同じように、免疫機能を正常に働かせるにはタンパク質は欠かせない栄養なのです。
タンパク質なら肉などにも含まれていますが、青魚にはアミノ酸も含まれています。

バランスよくタンパク質とアミノ酸が摂れるのは、魚類がオススメなのです。
青魚には血液サラサラ効果を持つEPAやDHAといった、質の高い不飽和脂肪酸が含まれています。
血管がきれいになると、血液中の免疫細胞の白血球やリンパ球が働きやすくなります。
EPAは免疫力アップのほか、動脈硬化や心筋梗塞を予防する効果も確かめられています。
 

青魚のおすすめの食べ方


一日に必要なEPAやDHAを青魚で摂取するなら、イワシなら一匹で摂れます。
注意するのは、EPAやDHAは熱を加えると酸化して栄養分が減少してしまうのです。
そこでおすすめなのが、刺身やお寿司、酢の物やマリネが良いというわけですね。
ためしてガッテンでは、サンマの栄養分を損なわない絶妙な塩焼きワザをお伝えするようです。


EPAやDHA関連情報


【やわたのDHA&EPA】
年齢とともに気になる「うっかり」に青魚のサラサラ成分のDHA&EPA!
やわたのDHAは良質なカツオから抽出された高濃度な国産DHAです。
 

 
スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔