免疫力を高める生活習慣サイトトップ >免疫力を高める食べ物  >> はちみつは咳の苦しさを軽減する
咳(せき)の苦しさを大きく軽減させると今注目される“はちみつ”の効果とは。はちみつ
喉(のど)が痛い時や咳が出る時は、蜂蜜を口にすれば即効性があるようです。

NHK ためしてガッテン「あなたのせきをチェック!止め方&見分け方SP」が2月3日に放送されます。
コーヒーに蜂蜜を入れて飲むと、コーヒーに含まれるカフェインの相乗効果があるようです。
 

はちみつが咳に効く理由


喉の痛みの原因は、風邪などの細菌が、喉の咽頭や扁桃に感染して増殖することで起きます。
咳が出るのも雑菌が喉を荒らして、喉の粘膜が刺激されると反射的に咳が出るようになります。
咳を抑えたければ喉への刺激をやわらげる必要があります。

ハチミツに含まれる成分の中で、殺菌作用があるグルコン酸は傷口の消毒にも使われています。
この殺菌作用があるために、昔から風邪による喉の腫れに効果があるとされてきたのです。
はちみつは原因となる雑菌を退治し、荒れた粘膜をやわらげて痛みがとれるそうなのです。
病院に行くほどでもないが咳が気になる場合は、はちみつが殺菌と免疫力アップに効果的ですね。

 
スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔