免疫力を高める生活習慣サイトトップ >免疫力を高める生活  >> ストレスが膀胱炎の原因になる
膀胱炎になる直接的な原因は、免疫力低下による細菌の増殖といわれています。膀胱炎
免疫力が低下する原因は疲労や病気などですが、ストレスも大きな要因です。
NHK チョイス@病気になったとき「ぼうこう炎の新常識!」と題して放送されます。

 

ストレスが免疫力を下げる理由


私たちが健康を保つためには、自律神経のバランスを保つことが大切です。
過度なストレスは、交感神経を優位にして副交感神経が働く時間を減らしてしまいます。
副交感神経が十分に働かないと、免疫機能の白血球のバランスが崩れ、免疫力が低下します。

 

膀胱炎に多い症状

  1. 排尿したのになんだかすっきりしない(残尿感)
  2. おしっこをするとき痛い(尿道痛)
  3. おしっこが近い(頻尿)
  4. おしっこが赤い(血尿)


膀胱炎にならないためには


ストレスは免疫力に大きく影響するため、ストレスを抱え込まないことが大切です。
自分なりのストレスの発散法を見つけ、その日のうちに解消できる方法を探してみてください。
疲れを溜め込まない、睡眠を十分にとる事など生活習慣に気をつけましょう。
また、冷え性であれば膀胱炎になるリスクが高いといわれています。
 

関連情報




スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔