免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める食べ物  >> 飲む点滴!甘酒パワーで風邪予防
今話題の甘酒は栄養価も高く“飲む点滴”とも呼ばれ、注目度が急上昇中です。甘酒
甘酒の成分は、点滴の成分とほぼ同様と言われています。
美容と健康に効果が望めるとあって、早速、甘酒の効果を調べてみました。
 

甘酒には二種類あります


米麹(こめこうじ)を発酵させて作ったもの
米に米麹を加えて作られます。
砂糖を加えないため、その甘みは麹が引き出したお米の甘みです。
発酵による自然な甘味で、アルコール臭さや、クセが少ないそうです。

酒粕(さけかす)に砂糖を加えて作ったもの
市販されている甘酒の多くは酒粕から作られた甘酒です。
砂糖を加えているためダイエットには不向きのようです。
アルコールも含まれているので子供は飲むことは出来ません。
 

米麹の甘酒の効果


甘酒の善玉菌で腸内環境を良くして免疫力を高めてくれます。
また、甘酒を作る際に使われる麹菌には、ビタミン類を作り出す働きがあります。
風邪予防にビタミンB群を積極的に摂ることは、とても有効な方法といえます。

米のたんぱく質と麹が作り出すアミラーゼ酵素が結びつくことで、ブドウ糖が作られます。
ブドウ糖は、エネルギーになり易いため、体温を速やかに上昇させることができます。

甘酒の効能は多くの効果が期待されますが、体に良いからと言って飲みすぎはよくないです。
毎日コップ1杯程度(200ml)を目安に飲んで元気に過ごしましょう。
また、飲むだけでなく料理やスイーツに利用することで、毎日の継続がし易くなります。
 

関連情報






スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔