免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める食事  >> 口角炎の原因は免疫力低下から
口角炎とヘルペスは、日常の生活習慣で予防できる疾患です。口角炎
どちらもウイルス感染からひき起こされる疾患ですが原因には違いがあります。

口角炎の症状


口の両端の口角に炎症が起こることで赤く腫れ、裂けて痛むのが一般的な症状です。
口角が一度切れると、口を開くとき、治りかけていた傷口が改めて裂けてしまいます。
 

口角炎の原因


免疫力低下によって、カンジダなどの常在菌が異常繁殖し、口角に炎症を起こす病気です。
日常生活では、免疫により過度な増殖を抑えているので問題は起きないのです。
しかし、体調不良や食生活の乱れでビタミン不足から免疫力が落ちると皮膚に炎症を起こします。
特にビタミンB2・ビタミンB6が欠乏すると口角炎を引き起こしやすくなります。
また、ストレスや疲労によっても免疫力は低下しますので、発症する危険性が高くなります。 
 

口角炎の予防/治療法


口角炎の予防には、免疫力を高めるような健康的な食生活が効果的です。
原因となるカンジダ菌などの細菌やウイルスなどへの抵抗力をつけることが重要となります。 
ビタミンB2・ビタミンB6は、粘膜の保護に役立つので口角炎の予防にとても効果があります。
口角炎の治療法は、抗真菌薬に内服薬と軟膏があり、薬局などで市販もされています。
ですが、口角炎を起こしている状態と治療は原因によって変わってきます。
適切な治療をするなら自己判断ではなく、専門機関での受診をお勧めします。
 

ヘルペスの症状


口角炎とよく似た症状ですが原因が全く違う、口唇ヘルペスという病気があります。
ヘルペスウイルスが唇で増殖することにより唇に小さな水ぶくれができた状態を指します。
発症初期には患部がチクチクするなど、何かしらの違和感があることが多くみられます。
また、発熱やだるさを伴うこともありますので、口角炎と区別するには有効な要素になります。
 

関連情報


ヨーグルトは免疫力を高める食べ物として健康面から美容面まで幅広い効果が期待できます。
 
スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔