免疫力を高める生活習慣サイトトップ >免疫力を高める方法  >> 爪もみ指圧で簡単に免疫力アップ
免疫力アップに効果的なのが、手の爪の生え際にあるツボを押して指圧する“爪もみ”です。
免疫力が低下する最大の原因は、交感神経が過度に緊張することなのです。
爪もみ指圧は、瞬時に自律神経に伝わって、自律神経の働きを整えることができるのです。
副交感神経優位に導き、リンパ球を増やして、免疫力を回復させる効果があります。爪もみ
 

爪もみのやり方


  1. 爪の生え際の部分に親指と人差し指で爪の両脇をはさみます
  2. ギュッと強めに10秒ほど押し揉みします
  3. ちょっと痛いが気持ちの良い程度の刺激を与える
  4. 指先に向かって引っ張って、パッと放すようにすると効果的
  5. 免疫力アップには両手とも親指から順番に5本すべてもむ

 

関連情報


田中将大投手の宣伝効果なのか、朝食にカレーを食べる「朝カレー」が話題になりました。
朝にカレーを食べるカルダモン効果とは?


スポンサーリンク


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔