免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める運動  >> 冷えない体のために筋肉を増やそう
冷えは“万病の元”と言われるように、免疫力低下により様々な不調を引き起こしてしまいます。冷え性
体の冷えは手足が冷たくなり、疲れやすく顔色が悪くなってしまいます。
 

冷えない体を作るために


体を冷やさないためには、首や足首を温めると効率よく体を温めることができます。
そして、冷え性は“筋肉不足”が大きな原因になっていると言われています。
体が作る熱の約6割は、筋肉によって生みだされているのです。
筋肉が動くことによって血流が増加するので、温まった血液が全身に運ばれます。
適度な運動は運動による体温上昇だけでなく、冷え性を改善していくための効果があるのです。
 

筋肉を増やすために


冷え性には、特に「下半身の筋肉」を増やすことが効率的といわれています。
そのため、歩くスピードを速くする、階段を利用するだけでも十分筋肉はつきます。
最近話題になっている「インターバル速歩」や「スクワット」を続けてみてください。

筋肉は免疫力を上げて『がん』まで撃退してくれることが、今話題になっています。
筋肉をつけたい場合、多くの人は“筋トレ”ばかりしていると思います。
でも、筋トレ以上に重要なことが食生活を見直すことです。



スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔