免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める方法  >> 入浴はシャワーより湯船に浸かるべき
入浴は免疫力を高めるもっとも手軽で効果的な方法と言われています。HSP入浴法
体温が1度下がると免疫力は約30%低下するので、女性に多い低体温症は、さまざまな不調や病気を招きかねません。

冷え性の原因の一つに、シャワーだけという生活習慣が考えられるようです。
シャワーだけだと一時的に体は温かくなるものの、体の芯までは温まっていないのです。
しっかりと湯船に浸かることで、体の芯から温まり、冷え性を解消することにつながります。

免疫力を高めるためにも、湯船に浸かって副交感神経を優位にしましょう。
38~40℃くらいのぬるま湯に10分程度浸かることをオススメします。
体の芯まで温まった合図は、額からうっすら汗がにじむ程度だそうです。
また、入浴では、HSP(ヒートショックプロテイン)という、細胞の修復を促すタンパク質の産生を増やす効果も期待できます。

関連情報


スポンサーリンク



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔